車コーティングという劇場に舞い降りた黒騎士

人気記事ランキング

ホーム > DIY > ドリルドライバーとインパクトドライバーの違い

ドリルドライバーとインパクトドライバーの違い

ドリルドライバーとインパクトドライバーの違いはチャックとスピードコントロールとトルク調整部があります。

チャックとは工具のビットを取り付ける部分なのですが、ドリルドライバーとインパクトドライバーではその取り付け方も違います。

ドリルドライバーは先端部分を回して緩め、ビットを差し込んで先端部分を回して締め付けて固定します。

インパクトドライバーは先端を引っ張り出し、ビットを差し込み先端部分から手を放すとロックが掛かり固定されます。

スピードコントロールはドリルドライバーにあり、回転機能の切り替えができます。

用途によってスピード調整します。

トルク調整もドリルドライバーにあり、用途によって締め付ける強さを変えます。

機能調整できるのはドリルドライバーですが、インパクトドライバーは回転+打撃の二つを組み合わせてネジを締め付けます。

ドリルドライバーは回転のみで、打撃はありませんが、ドリルを付けることによって穴あけもできます。

インパクトドライバーはドリル機能に衝撃(インパクト)を付加することで、ドリルドライバーより強烈にネジを締め付けることができます。

今人気のDIYですとドリルドライバーの方が使い勝手が良いかなと思います。

プロ向きなインパクトドライバーでも慣れれば使いこなせるので、購入の際はトルク数などを確認し、自身の作業内容にあったドライバーが良いと思います。

私もDIYを趣味で行いますが、このドライバードリルで満足しています。

 

穴あけはもちろん、ネジの締め、車のポリッシャー洗浄など使い勝手が良いです。

日立ドライバードリル14.4Vを使ってみて